抜歯後の治療方法

30代男性

右下奥歯の治療を行いました。

レントゲンで、被せ物をしている5番目と6番目の歯の根に病変が認められ、7番目の歯にも大きめの虫歯がありました。

f:id:hashimoto-g-shika:20200624010334p:plain

5番は根管治療を行うことができましたが、6番は土台を外したところ歯根が破折しており抜歯することになりました。

 

抜歯後は通常、

・そのまま経過観察

・ブリッジ

・入れ歯

インプラント

という選択肢があり、それぞれの方法にメリットとデメリットがあります。どの方法が良いかは患者さんの状況ごとに異なりますので、考えられる選択肢を提示させて頂いた上で、最終的には患者さんに治療法を選んで頂く必要があります。

 今回は上の親知らずが残っていたため、上記の治療法に加えて、抜歯した部位に上の親知らずを移植するという治療法も提案させて頂き、親知らずの移植を行うことになりました。

f:id:hashimoto-g-shika:20200624100127p:plain

親知らずの移植

抜歯後ある程度傷口が落ち着いた段階で、親知らずの移植を行いました。

移植直後はワイヤーで固定を行います。

 

移植後3週間程度で根管治療を行います。

f:id:hashimoto-g-shika:20200624010433p:plain

f:id:hashimoto-g-shika:20200624090831p:plain

 

根管治療後、仮歯でしばらく様子をみてから最終的な被せ物を装着しました。歯の揺れも治っており問題なく咬めているそうです。

今後は定期的にメンテナンスに通っていただく予定です。

 

親知らずが残っている場合、インプラントやブリッジにしなくても欠損部の治療が行える場合があります。

 

※親知らずの形態や、抜歯した部位の骨の状態により適応とならない場合もあります。

※移植した親知らずが生着しない場合や、早期に歯根の吸収が起こり脱落してしまう場合もあります。

※当院では、親知らずの移植は保険適応外治療となります。

費用:10〜20万円

 

hashimoto-g-shika.com

WEB予約について

ホームページからWEB予約が可能ですが、WEB予約は「初診の方」と「衛生士での予約(歯石除去など)」専用となっております。

治療中の方、治療再開希望の方はお手数ですが電話で予約をお取りください。


また、きちんと予約通り通って頂いている患者さんにご迷惑がかからないように、当日キャンセルをくり返される方、無断キャンセルをされた方は予約可能な日時を調整、制限させて頂く場合があります。ご理解の程よろしくお願いいたします。



子どもの歯ぐきが腫れている?

 1歳の男の子。

奥歯の歯ぐきが、青紫色になって腫れているとのことでした。

 f:id:hashimoto-g-shika:20200509222350p:plain

萌出嚢胞(ほうしゅつのうほう)といって、歯が生えてくるときの膨らみに内出血が起きるとこのようになることがあります。歯が生えてくると自然に消失しますので特に治療は必要ありません。

乳歯が生えてきたら、歯科医院で定期的にフッ素塗布を行いましょう。

 

hashimoto-g-shika.com

 



 

直接法と間接法

30代女性

左上の奥歯の間に虫歯がありました。

f:id:hashimoto-g-shika:20200503230126p:plain

歯と歯の間の虫歯

歯と歯の間の虫歯は段差が無いように詰めるのが難しいので、大きめに削って型とりをして、作製した銀歯やセラミックの詰め物を後日装着する事も多いですが(間接法といいます)、当院では可能であればできるだけ削る量を少なく当日修復するようにしています(直接法といいます)。直接法で治療が困難と判断した場合は間接法で治療を行います。

 

今回は、直接法で治療できると判断し、最小限で虫歯を除去してレジン充填を行いました。

f:id:hashimoto-g-shika:20200503230101p:plain

 

30代男性

左下の奥歯に虫歯がありました。

f:id:hashimoto-g-shika:20200503230433p:plain

歯と歯の間の虫歯

セパレーターという器具を使用して、歯と歯をわずかに離開させて(隣の歯を傷つけないように)治療を行います。

f:id:hashimoto-g-shika:20200503230528p:plain

間接法で治療を行う場合、下の写真のように健康な部分を削る量が多くなってしまいます。

f:id:hashimoto-g-shika:20200503230553p:plain

※歯は一度削ったら元には戻せません。また、歯は無限に治療できるわけではなく、何度か治療を繰り返しているうちにいずれ抜歯するしかなくなってしまいます。自分の歯を長持ちさせるためには、できるだけ歯を削らないで、なおかつ精度の高い治療を行う必要があると考えています。

 

※歯と歯の間の虫歯は、虫歯の位置と大きさにより、保険適応で白く治せる場合と治せない場合があります。詳しくは、治療時にご相談下さい。

神経のない歯が痛い

30代女性

右上第二大臼歯の痛みで来院されました。

レントゲンでは根の先に病変が認められます。手前の歯には詰め物の下に虫歯が認められます。

被せ物を外して根管治療を行うことにしました。

f:id:hashimoto-g-shika:20200418161654p:plain

 

被せ物を外してみると歯にひびが入っていました。

f:id:hashimoto-g-shika:20200418161721p:plain

破折線が認められる

また、そのひび割れに沿って深い歯周ポケットがありました(被せ物を外す前は気づけませんでした)。

f:id:hashimoto-g-shika:20200418161751p:plain

9~10mmの歯周ポケット

以前のブログでも書いていますが、歯が破折している場合は残すことができないので抜歯となります。今回も患者さんに写真を見て頂いて説明し、抜歯しました。

hashimoto-g-shika.hatenablog.com

今回の様に、治療前は大丈夫だと思っていても、被せ物や土台を外してみると実は歯が破折していて抜歯しなければならないことがあります。

治療前の診査、診断が重要ですが、実際に治療を始めてみないと痛みの原因がわからないことも多いです。

神経を取った歯は、歯質が薄くなっていることが多く、神経のある歯に比べて破折しやすいです。できるだけ神経は取らない方が歯は長持ちします。治療を繰り返すほど、神経を取る可能性が高くなるため、まずは予防が一番重要ですが、もし虫歯になってしまった場合はできるだけ削る量を少なく、精度の高い治療を受けることが大事です。

hashimoto-g-shika.com

新型コロナウイルス感染拡大防止について

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の項目に当てはまる場合は治療の延期をお願いしております。

1) 「発熱」や「咳」などの症状のある方
2)現在、同居する人に発熱・咳など の症状がある方
3)現在、同居する人が自宅隔離を要請されている方
4)過去14日以内に、海外渡航の履歴がある方
5)過去14日以内に、海外から帰国した人との濃厚接触歴がある方
6)過去14日以内に、屋内で50人以上が集まる集会・イベントに参加したことがある方
7)味覚異常 、嗅覚異常のある方(感染の初期症状である可能性があります)

当院で、感染予防対策として常時行っている取り組み

1、マスクとグローブ(医療用ゴム手袋)、ゴーグルの着用。
2、グローブの患者さまごとの交換。
3、患者さま用のエプロン、コップは使い捨てのものを使用し、患者さまごとに廃棄。
4、治療器具は、ドリル等のハンドピースを含め患者さまごとに交換し、消毒滅菌。
5、口腔外バキュームの使用。
6、診療台や操作パネル等の消毒液による清拭。
7、スタッフの頻繁な手洗いと手指消毒。

新型コロナウイルス対策として追加で以下の取り組みも行なっております。

1、待合室への消毒液の設置。
2、ドアノブや取っ手、手すりの消毒液による清拭。
3、待合室ソファの消毒液による清拭。
4、待合室への空気清浄機の設置。
5、定期的な換気。

 

現在治療中の方は、区切りの良いところまで治療が済んでいるのであれば、一旦治療の続きを延期して頂いて構いませんのでご連絡下さい。こ自身で判断するのが難しい場合は連絡して頂ければカルテを確認し、延期可能かお伝えいたします。

詰め物のや被せ物の型とりまで行い、現在仮のふたの状態になっている方は、完成したものを装着するところまで行なってしまう方が良いと思います。

hashimoto-g-shika.com

一口腔単位での治療

50代女性

右下奥歯の痛みと、欠損部の治療を希望されました。

右下第二小臼歯は歯根破折により抜歯となりました。 

右下の欠損部にはインプラント治療を希望されましたが、右下の奥歯がない期間が長かったため、上の奥歯が挺出してきており、 現状のままでは右下の歯の高さが確保できません。また、咬み合わせの干渉も起きやすいと考えられ、被せ物が脱離したり破損する原因となります。

f:id:hashimoto-g-shika:20200315214859p:plain

奥歯の挺出

患者さんには右下をきちんと治療するために、右上も一緒に治療を行う必要があることを説明させていただきました。

模型上で咬み合わせを診査し、技工士と相談して理想的な歯の形態のシミュレーションを行います(診断用ワックスアップといいます)。

f:id:hashimoto-g-shika:20200315214940p:plain

診断用ワックスアップ

 ワックスアップを元にインプラントの手術前に仮歯に置き換えて咬み合わせの確認を行います。

f:id:hashimoto-g-shika:20200315215025p:plain

インプラント埋入後、仮歯で様子をみて問題がないことを確認し、セラミッククラウンを装着しました。

f:id:hashimoto-g-shika:20200315215050p:plain

治療終了時

 専門的な話になりますが、右の写真のように、歯を横にずらした時に奥歯が干渉せずに隙間が空くことが被せ物の長持ちのためには結構重要です。 

f:id:hashimoto-g-shika:20200315215121p:plain

術前術後の比較

このように、一部を治療するために他の部位や、場合によっては上下左右含めて全体的に治療を行う必要が出てくる事もあります。全体的に治療を行うと治療を行う歯の本数も多くなり、それなりに時間と費用がかかりますが、当院では、時間や費用がかかっても将来的にやり直しが少なく、長持ちするような治療を心がけています。

 

雑で良いのでとにかく早く、安く、痛くなった時にだけ、痛い歯だけ治したいという方は当院は合わないかもしれません、、、

 

治療期間:約10ヶ月

インプラント2本

セラミッククラウン7本

インプラント:40万円/本

セラミッククラウン:8〜12万円/本

 

〈治療のリスク〉

セラミックが欠ける可能性がある

インプラント周囲炎

hashimoto-g-shika.com